「日立市敬老高齢者元気応援事業」の          準備を進めています

<写真はありません>
 日立市では、コロナ禍で中止とした敬老会の代替え事業として、各学区コミ進会長を委員とした実行委員会を編成して、題記事業を実施することになりました。敬老該当者に生活支援物資や地域のメッセージを贈り、元気を出してもらおうというものです。その実施方法について各学区からの要望を踏まえて検討してきましたが、このほど実行方法が決まり、各学区で準備が始まっています。当学区では、例年の敬老会実行委員会は立ち上げず、コミ進会福祉部主導で対応することとし、これまで、福祉部会長を中心に、幼・小・中学校へのメッセージ作成依頼、支援物資の検討などを進めてきました。本日、福祉部会長と協力をお願いした広報部会長や文化部会長共々、広報部会長から提案いただいたメッセージの構成や内容等について検討し、ドラフトを作成していただくこととしました。同梱する支援物資については、各学区内で購入準備することを原則としていますが、購入先の調整などよる不具合などを避けるため、役所に購入していただくことで進めたいと考えています。本年度は変則的な敬老祝いになりますが、対象高齢の方々がコロナ等に負けず元気に過ごされることの一助になれば幸いです。引き続き、関係者のご協力をお願いします。

この記事へのコメント